おもちゃと絵本の紹介

手作りおもちゃの紹介

手作りのおもちゃには保育士たちの愛情と工夫がいっぱいつまっています。

遊びながら手先を動かす練習になるように。小さな手のひらにしっかり握れるように。毎日子どもたちと接しているからこそわかる、その年齢の遊び方にあったおもちゃ。

なるべくお金をかけずにリサイクルの材料で作る工夫もしています。

フェルトに綿を入れて作ったおもちゃ。
おままごとで野菜やおかずに使っています。
自分のイメージでどんな食材や料理にもなります。
お皿に彩りよくのせれば本当においしそうになります。
ゴムにビーズを通したおもちゃ。
おままごとで麺類などに見立てて遊んでいます。
ボールやお鍋にたくさん入れて混ぜたり、お料理をするときにつかっています。
おままごとなどで使用するエプロンです。
各クラス体格に合ったサイズを用意しています(2歳児以上)。
あるときはお母さん、あるときはコックさん、またあるときは保育士さん……いろんなごっこ遊びにも使用できます。
フェルトにボタンとボタン穴をつけています。
ボタンをはめる練習にもなりますが、どんどんつなげていったりと、いろんなつなげ方をして遊んでいます。
1歳児・2歳児クラスで使用しています。
ペットボトルのフタを2個重ねた上に、フェルトや布をかぶせたおもちゃ。
ままごとの具材になったり、ならべたりして遊びます。
うさぎ(2歳児)組で使っています。
正方形のフェルトと布を重ねて縫い、四隅にスナップがついているおもちゃ。
中に小さなお手玉を入れてスナップを止めればギョーザのできあがり。何枚もつなげて大きな布にすることもできます。
うさぎ(2歳児)組で使っています。
ままごと用リュックと手さげ。
キルティングの布で作った小さなリュックや手さげはままごとで大活躍。
中にペットボトルジュース(おもちゃの)やお弁当を入れて遠足ごっこをしたり、2個も3個も背負って力もちになってみたり、中に物を入れるだけでも楽しそうな子どもたちです。
写真のバッグはうさぎ(2歳児)組で使っています。幼児組にはまた違った形のバッグがあります。

 

絵本紹介

絵本コーナーで人気の絵本を紹介します。

「せんろはつづく」

竹下 文子 :文 / 鈴木 まもる :絵

2歳児クラスで人気の絵本
 

線路をつなげていくと、山があったり川があったり…そのたびに「さあ、どうする?」というセリフ。子どもたちはすっかり覚えて「トンネルをほる!」「橋をかけよう!鉄橋だ!」と、大人と一緒に言っています。

もちろん保育室にも線路の遊具があります。つなげるのも上手になってきました。線路をつなげながら「これは鉄橋?」と今までは考えずに使っていた橋を見て、絵本と同じだということに気が付いたようです。

絵本の世界を思い出しながら、遊びのイメージもつながっていくようです。

「へいわってどんなこと?」

浜田 桂子 :作

幼児クラス(3・4・5歳児)で人気の絵本

園内で、平和への願いをこめた展示を行いました。(詳し
くは「平和の展示と映画会」のページをご覧ください)
その中で、子どもたちに読んだ絵本です。

せんそうを しない。
ばくだんなんか おとさない。
おなかが すいたら だれても ごはんが たべられる。いやなことは いやだって、ひとりでも いけんが いえる。(絵本より)

子どもたちの平和な未来を守るため、大人たちに今できること。これからも子どもたちと一緒に平和について考え続けていきたいです。

えほんのよみきかせ、どのようにしていますか?

園の貸し出しコーナーも盛況でうれしいかぎりです。こどものとも社からのお便りに、次のような文があり参考になると思いますので紹介します。

<読み聞かせをするときに、してはいけないこと>

その1.感想は聞かない
本当に心が動かされた時ほどその感動を胸にしまっておきたいもの。もう1回が最高の感想

その2.質問はしない
「やぎさん何匹いた?」などむやみにきかないように。お勉強ではなく、純粋に楽しむもの。

その3.解説・説明はさける
絵本の中に難しい言葉がでてくると、中断して解説・説明をしたくなりますがその必要はありません。

その4.文字を無理やり読ませない
少しでも早く文字を覚えてほしいというのは、大人の素直なきもちかもしれません。しかし、絵本に書かれている文字を自分で読んでしまうと絵本に描かれた〝絵のことば〟を楽しむことができなくなってしまいます。