保健

12月を迎えて

11月は暖かい日もありましたが、朝夕は冷えてきましたね。尾山台保育園では現段階で感染症の流行はみられていませんが、感染予防の基本はバランスの良い食事・充分な睡眠・手洗い・うがいです。また、こまめに水分を取るとうがいに近い効果があります。
保育スペースが十分確保できないことにより、例年にも増して感染症の流行が懸念されます。園ではうがい・手洗いの徹底、効率的な換気と加湿、遊具の洗浄、1~2回/日の床の消毒を行っています。今年は置き型の空間消毒剤も設置しました。
体調が悪い場合は無理に登園せず、受診をお願いします。一人一人が病気をうつさないよう心がければ、長い目で見て、病気でお休みする回数は減ります。
また、体調不良によりお迎えをお願いした際も同様です。病児の精神的安定が保てないとき、人の手が足りなくなることにより他児の安全が保てないと判断した際には、隔離ができません。出来る限り早めのお迎えをお願いします。

嘔吐・下痢症について

嘔吐・下痢を伴うおなかのかぜ(感染性胃腸炎)が流行る時期です。
おなかのかぜというとやさしい感じですが、発熱を伴うものや、ノロウィルスやロタウィルスなど、あっという間に集団感染してしまう、非常に感染力の強いウイルスによるものもあります。
嘔吐・下痢により心配なのは脱水症状です。元気がなくなりぐったりするようなら、早めに受診しましょう。

インフルエンザ

感染経路:飛沫・接触感染 潜伏期間:1~5日間(平均3日間)

症状:突然の38度以上の発熱・頭痛、関節痛、筋肉痛、鼻汁、咽頭痛、咳、全身倦怠感

治療:通常は1週間前後の経過を経て回復していくが、抗インフルエンザ薬を発症後早期に投与することによって発熱等の有症状期間の短縮がみられている

合併症:小児では肺炎・中耳炎・熱性けいれん・心筋炎・インフルエンザ脳症

お願い

☆インフルエンザ、もしくは登園許可が必要な病気と診断されたら、保育園にも連絡してください。

☆嘔吐・下痢症状が1回でもあったら食欲、機嫌、活気もあわせてみていただき、治療と安静、集団感染予防のため、症状が24時間ないことを確認してください。また、受診してから登園するようお願いします。

風邪を予防しよう!

  • 人込みを避け、こまめに水分をとりましょう。外から帰ったら、うがい・石鹸での手洗いをしましょう。
  • 早寝・早起きを心掛け、睡眠を十分にとりましょう。
  • 室内の換気をし、湿度を50%以上に保つようにしましょう。
  • バランスの良い食事を心掛け、ビタミンC をとりましょう。

敷布団の洗濯について

敷布団は年末の休み期間に自宅に持ち帰り、洗濯をしてきてください。
洗濯機で洗えますが、乾燥機にはかけないでください。 ご協力よろしくお願いします。(0歳児を除く)