保健

10月を迎えて

9月下旬になって急に肌寒い日が増えましたね。寒さに慣れていないこの時期は、発熱・鼻水・咳などの症状がある人が多くなってきています。
健康管理には十分に気を付け、症状が長引くときには早めに受診しましょう。感染症も出てくる時期ですので、掲示をチェックしてください。ファミリースポーツまつりもあるスポーツの秋!
たくさん身体を動かして冬に向かっての体力作りをしましょう!

チャドクガ・ドクガに注意!

  • 4月~11月にかけて生息するチャドクガは、毒ガの一種で、幼虫や成虫に毒毛があり、これが皮膚につくとかゆみを伴う皮膚炎を起こします。
  • チャドクガの幼虫は、毒針毛と呼ばれる細かい毛でおおわれています。これが皮膚につくとかゆみの強い皮膚炎を起こすので注意が必要です。この毒針毛は、風に乗って飛散します。また、成虫の体の一部にも付いています。
  • チャドクガの成虫はツバキ、サザンカなどの葉に卵を産みつけます。孵化後の幼虫は、ツバキやサザンカの葉を餌にします。
  • ドクガ類に皮膚を刺されたり、毒針毛が目に入ったりしたら、こすらず、まず水で洗い流します。毒針毛は微小ですが、手で払ったりすると毒針毛を皮膚に食い込ませることになるので被害が大きくなります。

肌が乾燥してくる季節です。

子どもの肌は薄くデリケート。乾燥すると痒みで眠れなくなったり、アレルギーや炎症を起こしやすくなります。ボディソープをつけたタオルやスポンジで毎日体をこすっていませんか?実は体についた汚れのほとんどは水溶性でお風呂のお湯に浸かるだけでほとんど落ちるのです。

汗をかいた首回り、脂っこい背中周り、汚れの気になる陰部は石鹸を泡立てて優しく洗い、それ以外の部分は週に1~2度石鹸で洗うようにするだけで十分です。
また、お風呂上りの肌は一気に乾燥していきます。保湿クリームやワセリンなどで保湿してあげましょう。

10月10日は目の愛護デーです

3・4・5歳児を対象に10月1日に視力検査を行います。
乳幼児期は目の発育に大切な時期です。前髪がかからないようにし、本や液晶画面などを見る時は目を近づけすぎないようにしましょう。

お知らせ

  • 10月1日から交付された新しい乳児医療証をコピーして担任又は看護師にお渡し下さい。
    また、保険証が以前のものと変更になっている方はそちらもお願いします。
  • 担任から予防接種の接種状況を聞き、健康ノートに記載していますが、漏れがないかチェックして頂き、漏れがあればご記入ください。
  • インフルエンザの時期が近付いてきました。11月中には予防接種を終えられるように、計画をたてましょう。(2週間以上間隔を開けて2回)